マッキントッシュC8,C8S用ヒーター平滑用ケミコン2個ペア,McIntosh C8 chemical caps, Mallory
new
595b3abdc8f22c0ba4000a12 595b3abdc8f22c0ba4000a12 595b3abdc8f22c0ba4000a12 595b3abdc8f22c0ba4000a12 595b3abdc8f22c0ba4000a12 595b3abdc8f22c0ba4000a12

マッキントッシュC8,C8S用ヒーター平滑用ケミコン2個ペア,McIntosh C8 chemical caps, Mallory

¥12,500 税込

送料についてはこちら

マッキントッシュC8後期モデル,C8Sヒーター用チューブラーケミコン(4000μF/25V,Mallory製 made in USA,長さ80mm,直径φ23.5mm) マッキントッシュC8は後期モデルよりヒーターが直流点火に変更されています。 C8前期モデルではヒーター電源はAC(交流)点火でしたので、電源(D8)のハムバランサーを調整する事によってリップル(ハム)を最低限にキャンセルしていたわけですが、後期モデルからはリップル成分をさらに最小にすべくヒーター電源を直流点火方式に改良したわけです。 マッキントッシュ社に限らず、1950年代後半から各メーカーともプリアンプのヒーターは直流点火に移行したきた時期です。 C8後期モデルの直流点火の原理は元々のヒーター電源用のAC6.3Vをチューブラーケミコン2個と直列2段のセレン整流器を組み合わせる事によって倍電圧整流を行っています。 写真でお分かりのように取り付けには大型チューブラーケミコン自体を利用し、セレン整流器の取付け基台のベースにしています。(筐体外形は前期モデルと同じです) 修理実績的に、近年は写真例のようにオリジナルケミコンの容量抜けによるハムノイズ増加のトラブル例が増えてきました。(劣化写真参照) 本ケミコンは当時の紙筒タイプではありませんが、外形寸法がほぼ同じですので(わずかに細いだけ)劣化したオリジナルケミコンをそのまま交換ができ、オリジナルのような風合いで復元が可能となります。(取付写真参照) また、オリジナルのケミコン(2000μF/15V,CDE製,長さ81mm,直径φ27mm)の2倍の容量(4000μF/25V)がありますのでリップル(ハム成分)除去率はオリジナルよりも有利となります。 古いケミコンは突然容量抜けしますので将来修理のための予備用にもお奨めいたします。 販売用としては数に限りがありますので、極力お早めにご注文頂ければと思います。 本ケミコンの取り付け方法、ヒーター電源部の修理ノウハウはお問い合わせ頂ければと思います。 ※直接取引の場合は12,000円となります。 ※メーカーや色違いのタイプやヘコミなどがあり格安のケミコンもありますので、ご興味ある方はお問合わせください。(チェック済みですので使用上は全く問題ありません。)